たすじゅうのフラノート

フラに関する覚え書き 曲の背景や説明、レッスン風景  時々脱線

Category [フラノート ] 記事一覧

スポンサーサイト

続 緊張する人しない人

2カ月以上ブログをさぼっている間も訪問してくださっている方々がいらっしゃいました。何故なんだろう?と不思議に思い FC2のアクセス解析というツールで調べてみました。アクセス解析にはどのような検索ワードからたどってこのブログを見つけてくださったのかがわかるしくみがあります。どなたが訪問してくださったのかは分かりませんが、どうして訪問したのかがこれで分かるのです。あまり使わないツールなのですが、半年以上前...

手作りmaile lei

Grand Ho'ikeの時、もしかしたら カヒコだけでも生のレイを使うかもしれない というお話がありました。カヒコで使いたいレイはマイレという ハワイのつる植物です。日本にマイレはありません。先生は山に行って椿で作ったら?とおっしゃって実際に作ったものを見せてくださいました。でもいくらこの辺りが山だらけだといっても 山の椿の葉っぱを人数分むしり取ったら 椿が裸になってしまいます。また 山も誰かの私有物かも...

永遠の記憶

今日はフリーペーパーのコラム、最終回、”Creating Memories That Last Forever”です。・・・・・・・・・・・Creating Memories That Last Forever~永遠の記憶~これ(表題)はアロハの心で生き、‘Ohanaを愛する気持ちから作りだされるものです。記憶とはあなたの心を映し出した真実の像なのです。正しい選択をすること。平和に生きる事。家族や友人、人生の中ですれちがっただけの見知らぬ人々にも敬意と誉れの気持ちを...

Embracing ‘Ohana

昨日の続き、フリーペーパーのコラムです。今日は Embracing ‘Ohanaです。embrace は 愛情を持って両腕で抱きしめる・抱擁という意味でhugよりさらに愛情度が強い行為です。・・・・・・・・・・・・・Embracing ‘Ohana‘Ohana を抱きしめる行為は アロハのライフスタイルが溢れ出たものです。‘Ohana(オハナ):‘Ohaは「芽生える」・側枝から出た「若芽」という意味です。 naが付くと ‘Ohanaの語義は「側枝」となります。...

Living Aloha

先日先生からお借りしたハワイ島のフリーペーパーに載っていたAlohaについての記事をつたない英語力で訳してみました。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・Living Aloha アロハの精神を持って生きるという事は人間の在り方、どうやって生きるべきかの真髄を突いている。あらゆる場面においてアロハが生活および全ての言動に影響を及ぼすのだ。正にハワイアンにとって、「アロハ」は素晴らしい意味を持つ言葉と...

日本の小人 ハワイの小人

子供の頃、佐藤さとるさんのコロボックル シリーズが大好きでした。何度も何度も読みました。一枚一枚葉っぱの下を覗きながら歩いたり、木のうろをみつけると必ず中をうかがったり。学校からの帰り道も、おけいこ事への道も、買い物も 寄り道が長くて母はさぞかし心配したでしょう。子供が生まれて、この話を共有したくて実家から持ってきました。子供が読む前にもう一度自分で読んで「やっぱり いいなぁ。」なんて。私にとって...

アンクル・ジョージの言葉を写す

友達のHちゃんがとてもよい本を貸してくれました。「フラの神様が教えてくれた ハワイアン・ホスピタリティ」 山根宏文さんの本です。ジョージ・ナオペが生前山根さんに語った言葉の数々が記録されています。1ページにひとつ。短い文章の中から学ぶ事が沢山あります。時には胸が震えて涙が出るような文にも出会います。この本、元々はカラーで「アンクル・ジョージが教えてくれたこと」というタイトルで出版されたものだそうです...

日本のチャント

歴史小説が好きで、今 五木寛之氏の「親鸞」を読んでいます。その中に 後白河法皇が催す歌競べのシーンが出てきます。梵語の歌から始まり、散華(さんげ)、錫杖(しゃくじょう)、表白(ひょうびゃく)、讃嘆(さんだん)、読誦(どくじゅ)、礼拝(らいはい) と開会の儀式が続き、その後 歌の競い合いがなされるのです。散華とはもともとは式場に華を撒いてその場を清めることを指していましたが、その時に節をつけて仏典を...

ハワイのドレミ

先日 友達にウクレレを教えてもらってから ハワイアンミュージックを弾くのにはまっているワタクシ。コード表だけで伴奏を練習していますが、その時にふと ハワイはドレミ どうしているのかしら?と 気になりだし・・・日本には古来から伝わる独特の音階と西洋から入ってきたドレミがあります。ハワイも同じなのではないかと。ハワイの古代楽器のノーズフルートや口琴には決まった音階はなかったように思います。打楽器もしか...

左サイドMenu

プロフィール

たすじゅう

Author:たすじゅう
東京都多摩地区在住。浅田次郎の「日輪の遺産」の舞台となった山を眺めながらフラを勉強中のフォーティー母さん。本当に金塊があるのか?
 ブログの目標は長く続けること!

当ブログの記事および写真を転記・ご紹介くださる場合はご一報をお願いいたします。

あなたのクリックが明日へのパワーに

ありがとうございます
とっても嬉しいです!

FC2カウンター

ハワイ語辞典

ハワイ語辞書"

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

右サイドメニュー

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QRコード

FC2ブックマーク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。