たすじゅうのフラノート

フラに関する覚え書き 曲の背景や説明、レッスン風景  時々脱線

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まぐろのあらバーグ

しばらくの間右上に貼ってあった「絆~kizuna peace week」が終了しました。(だいぶ前ですが。。。)まだ各地でイベントが行われているところもあるようですが、一区切りつきました。25カ国37,444人の方がピースアクション宣言をしました。このブログを通じて共感してくださった方、賛同してくださった方、ありがとうございました。一区切りついたということで、バナーをはずそうかとも思ったのですが、平和への願いは果てがなく、区切りも終わりもないと感じましたので、このまま貼っておこうと思います。


今日のお料理は家庭平和への願いを込めて?パパも子どもも大好き”ハンバーグ”です。

まぐろのあらバーグ
お財布にも優しい
maguroburg.jpg





[材料(4人分)]
まぐろのあら  1パック
にんにく  8房
乾燥ひじき  1/2カップ
とろけるチーズ  適宜
ケチャップ  大さじ3
ウスターソース  大さじ2
牛乳  1カップ
塩・こしょう  適宜



[作り方]
1. 鍋に牛乳と皮をむいたにんにくを入れ、沸騰直前まで温め、
   そのまま5分煮る。


point
   牛乳は沸騰させると風味が悪くなるので、決して沸騰させない
   で。すぐに沸騰するので5分間じっと見張っていてくださいね。


2. まぐろのあらは筋を取り、フードプロセッサーまたは包丁でこ
   まかく挽く。


point
   均一にこまかくするとなめらかで食べやすく、大きめの塊がコ
   ロコロ入っていると歯ごたえが楽しい食感になります。お好みで。


3. 2に乾燥ひじき(戻さない)、1のにんにく、塩・こしょうを混
   ぜ、ひとり分ずつ小判形に形作る。
4. フライパンに油を熱し、3をしっかりと焼く。両面を焼いたら上
   にチーズをのせ、ふたをして余熱でチーズをとかす。
5. 皿に盛り、ケチャップ+ウスターソースを混ぜたソースを上か
   らかける。


メタボパパには
  写真のハンバーグにはチーズがのっていませんね。これはパパ用の和風バージョンです。 大根おろしを添えてポン酢でいただきます。これもあっさりしていておいしいですよ。


・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
ひじきは鉄分が豊富に含まれていますが、とても吸収率が低いのです。とろけるチーズが消化される時にできる酵素が鉄の吸収率をUPさせてくれます。ビタミンたっぷりのサラダ又はデザートにいちごやかんきつ類を食べるとより吸収率


にんにくは今回はまるごとごろごろ入れましたが、苦手な方は細かく刻んだり、すりおろして。牛乳で煮込むことで臭みを軽減させています。そしてこのにんにくがまぐろのあらの臭みを消しています。毒を持って毒を制す?


まぐろには血液サラサラ&コレステロール抑制にきくEPAや 脳細胞の発達&活性化に効果があるDHA,新陳代謝を高めるイノシン酸など パパにも子供にも大切な栄養成分がいっぱい。安いあらでたくさん食べたいものですね。DHAは酸化しやすいのでビタミンA、C、Eと組み合わるといいですよ。
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・




  最後まで読んでくださってありがとうございました。
fc2ブログランキング気に入ってくださった方、応援お願いします。レシピブログランキング




Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

たすじゅう

Author:たすじゅう
東京都多摩地区在住。浅田次郎の「日輪の遺産」の舞台となった山を眺めながらフラを勉強中のフォーティー母さん。本当に金塊があるのか?
 ブログの目標は長く続けること!

当ブログの記事および写真を転記・ご紹介くださる場合はご一報をお願いいたします。

あなたのクリックが明日へのパワーに

ありがとうございます
とっても嬉しいです!

FC2カウンター

ハワイ語辞典

ハワイ語辞書"

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

右サイドメニュー

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QRコード

FC2ブックマーク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。