たすじゅうのフラノート

フラに関する覚え書き 曲の背景や説明、レッスン風景  時々脱線

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ホワイトソース」さんまとポテトのココット

みなさん、おはようございます。昨日のデミグラスソースに引き続き、今日はホワイトソースでのレシピ考案 第1弾です。秋においしいさんまをつかっての洋食、さて いかがでしょうか?

さんまとポテトのココット
洋風茶碗蒸し?
sanmacocot1.jpg




[材料(4人分)]
さんま  2尾
じゃがいも  2個
卵  2個
バター  20g
ホワイトソース  1/2缶
白ワイン  50cc
塩・こしょう  適宜
オレガノ  適宜



[作り方]
1. さんまは3枚におろしたものを3cmほどの幅に切る。
2. じゃがいもは皮をむき7mmほどの厚さにスライスする。
3. 1,2に軽く塩コショウし、あればオレガノを加えて下味をつけ
   る。
4. フライパンにバター10gを入れ 火にかけ、バターが泡立っ
   てきたら3を入れ、両面に焼き色をつけ、取り出しておく。


point  
   あとでまた加熱するので、火が通ってなくても大丈夫。


5. 同じフライパンでホワイトソース、白ワイン、塩こしょうを温め
   ながら混ぜ合わせる。
6. よく混ざったらいったん火を止め、卵黄を加え混ぜる。
7. 別のボールを用意して卵白をしっかりと泡立てる。


point
   卵白のフワフワ感を残したいので、泡をつぶさないようにそっ
   と&手早く混ぜて。


8. 6に7をそっと加え混ぜたらバターを薄く塗った型の6分目くら
   いまで流し入れる。
9. 湯気が立った蒸し器で15分ほど蒸す。


point  
   蒸し時間は器の大きさにもよります。この時点で8割ほど火を
   通しておきたいので様子をみながら時間を調整してください。


10. 表面が固まってきたら上に、さんま、じゃがいもをのせ、残
    りのソースを流しいれ、再び蒸す。


感想
  いわゆる「スフレ」の生地にホワイトソースを入れてから蒸してみました。ふわふわで優しい食感、でもホワイトソースのコクでしっかりとした味になりました。具を見せるために ソースを2回に分けて蒸しましたが、具を入れたまま1回蒸せば 味は一緒、もっと簡単に作ることができます。 写真で横に添えてあるパンには昨日のデミ田楽で残ったソースを塗りました。これもおいしかったです。


・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
  さんまをソテーしたあとにそのままソースを作ることによって、流れ出したさんまの栄養素もソースに加えられました。道具も少なくて済むので洗いものも楽ですね。 このレシピだけでなく ソテーしたものに ソースをかける時は 大抵こうやって「ズボラ テク」を使っています。とはいえ、魚が苦手な方は 臭みを抑えるために別の鍋で作ってください。


  せっかく たくさんの乳製品をとることができるレシピなので 鉄分たっぷりのプルーンを添えました。鉄分は乳製品と一緒に摂ることによりグ~ンと吸収率が向上します。
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・




  最後まで読んでくださってありがとうございました。
fc2ブログランキング気に入ってくださった方、応援お願いします。レシピブログランキング




ハインツさんのソースを使った、洋食アイデア・レシピコンテストへ参加中♪


Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

たすじゅう

Author:たすじゅう
東京都多摩地区在住。浅田次郎の「日輪の遺産」の舞台となった山を眺めながらフラを勉強中のフォーティー母さん。本当に金塊があるのか?
 ブログの目標は長く続けること!

当ブログの記事および写真を転記・ご紹介くださる場合はご一報をお願いいたします。

あなたのクリックが明日へのパワーに

ありがとうございます
とっても嬉しいです!

FC2カウンター

ハワイ語辞典

ハワイ語辞書"

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

右サイドメニュー

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QRコード

FC2ブックマーク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。