たすじゅうのフラノート

フラに関する覚え書き 曲の背景や説明、レッスン風景  時々脱線

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Palehua by Amy Hanaiali'i Giliom

今日は2011年メリーモナーク ミス・アロハ・フラ コンペティション アウアナ部門で フラ・ハーラウ・オ・カムエラから出場したチェルシーも踊っていたPalehuaについてノートします。
恐れ多くも私たち、この曲で11月のホーイケに出ます




オアフ島南西部の峠(海抜782M)ワイアナエ山脈の一部、マカキロの高地が舞台

パレフアのスタジオでレコーディング中にふと思いついて作った曲だといわれている。
確かに創作意欲をかきたてるような美しさ。
palehua.jpg
パレフアからナナクリの海をのぞむ。

palehuasunset.jpg
パレフアの夕景

 エイミーは知らずに作曲したそうだが、昔この付近にはヘイアウがあった。ヘイアウとは簡単に言うと古代ハワイの神殿。知らずに作曲したといいつつ "Wahi lani "(天国のようなところ)とか "Wehe i ka lani"(天に向かって) とか  "'O ka wahi ki'eki'e loa"(この上なく荘厳な場所)など天をイメージするような歌詞が数多く入っている。それだけ神秘的な場所ということだろうか。

ヘイアウ

ヘイアウ(イメージ写真)




 エイミーはオアフ島に生まれ、ハワイ固有の音楽を聴きながら育った。両親は早くから彼女の芸術的才能に気づき伸ばした。マウイの高校でその才能に磨きをかけ、カリフォルニアの大学で西洋の音楽を学んだ。帰国後は父方の祖母と暮らし、大きく影響を受ける。パレフアはこの祖母の事を思って作ったものだという人もいる。この曲でエイミーはWillie Kと共にNa Hoku Hanohano Award(ハワイのグラミー賞)のSong Of The Yearを獲得。同じ年のHawaiian Album Of The Year、Group Of The Yearも獲得し、不動の地位を築いた。


この曲の中に出てくる植物はユーカリ。ハワイ原産ではないが今では数多く見かけるようになった。
niu and palepiwa
ヤシの木とユーカリの木



オーストラリアに住んでいたことのある私にはちょっと不思議な光景。
ユーカリをハワイ語で言うとpalepiwaとなる。palehuaとの語呂合わせでユーカリを選んだのかもしれない。

 何故ハワイにユーカリ?と思ってちょっと調べてみた。

 放置されたサトウキビ畑に植林したのが始まりらしい。なぜ植林などしたのかというと、肥料を撒きすぎて栄養過多になり死んでしまった土壌に、成長が早く栄養を吸収しやすいユーカリを植えることによって土壌の浄化・再生を図ろうとしたのだそうだ。同時に伐採してパルプ(紙)を作る資源とするつもりだったのだが環境問題のあおりを受けしばらくそのままになってしまっていた。最近になってユーカリの木の皮や木くずを燃やすときに出るエネルギーで発電をしようという動きが出て再注目されている。


 遠く離れた二つの島で今日もさやさやとユーカリが風にそよいでいます。




最後まで読んでくださってありがとうございました。
fc2ブログランキングランキングに参加しています。いちごちゃんやみかんちゃんをクリックして応援お願いします。にほんブログ村 演劇ブログ フラダンスへ

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

たすじゅう

Author:たすじゅう
東京都多摩地区在住。浅田次郎の「日輪の遺産」の舞台となった山を眺めながらフラを勉強中のフォーティー母さん。本当に金塊があるのか?
 ブログの目標は長く続けること!

当ブログの記事および写真を転記・ご紹介くださる場合はご一報をお願いいたします。

あなたのクリックが明日へのパワーに

ありがとうございます
とっても嬉しいです!

FC2カウンター

ハワイ語辞典

ハワイ語辞書"

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

右サイドメニュー

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QRコード

FC2ブックマーク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。