たすじゅうのフラノート

フラに関する覚え書き 曲の背景や説明、レッスン風景  時々脱線

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平和への祈り 千羽鶴



 今日は長崎に原爆が投下された日です。この歌は私の出身校の姉妹校が毎年長崎の平和記念式典で歌うものです。知名度はあまり高くありませんが、長崎出身の大島ミチルさんという方が作った歌です。最初は映像にびっくり!たすじゅう路線変更か??と思った方もじっくり聞いてみてください。


 私は被爆二世です。幸いなことに直接被爆した祖母や母も私たち兄弟も健康に今まで生きてくる事が出来ました。

 母は私たちが小さいときから原爆のむごさ、恐ろしさ、戦争に対する教育を 多分普通の家庭よりもしっかりとしてくれました。原爆投下の翌日、社員を心配して町じゅうを歩き回った祖父も重い口を開いて色々な事を話してくれました。私が通った学校も長崎に本拠地があり被爆したため、他の学校よりも長い時間を割いて教育をしてくれました。それが当たり前でみんな同じようにして成長したのだと思っていました。


 自分が子供を持ち、学校へ通わせるようになって気付いた事。
 私が受けたような教育へ割く時間など全く無いのだという事。今の子供たちはほとんどと言っていいほど原爆や戦争の話を知りません。教科書にほんの数行のっている文章を読み、若い先生方から「社会」という教科の一部として話を聞くだけです。活字の中の世界、昔ばなし、もうフィクションに近い 真実味の薄いおはなしでしかなくなってきています。怖いのは知ったつもりになっている事。
 もっと驚いたのは私と同じ立場、つまり親たちも子供たちと同じ程度の認識しかない人が非常に多い事。


 それだけ平和ということでしょう。わざわざ辛くむごたらしい話を後世に引きずる必要などなくなっているのかもしれません。世界中の国々はお互いをけん制し合って、この先実際に原爆もしくは似たような物が投下されるような事態になることはないのかもしれません。でも、何故 してはいけないのか 心の底から「だめだ!」と声を大にして叫ぶ事が出来なければ、ただ常識としてまたは政治的判断で「それはダメでしょ~」というだけでは いつか きっと また とどうしても思ってしまいます。



 実際に大変な経験をされた方々に話を聞く機会もなくなってきている今、心の底から理解しろというのは難しい事なのかもしれません。子供のころにはこの時期 嫌になるほど沢山放送されていた平和祈願のTV番組も数が減っているように感じます。せっかく講演会を開いても、現実味のない話に真剣になれない気持ちもわかります。
 この先、どうすれば良いのか 今考えなければどうにもならなくなってしまうような、みんな その事に気付いているのかしら と焦燥感にかられてしまいます。
 


暑い暑い8月、街中にキョウチクトウの花が咲き誇っていたそうです。その艶やかな色が目に焼き付いていると、祖母は「キョウチクトウは地獄の花」と嫌っていました。それまでは「美しい」と感じていた花を一日にして「恐ろしい」と思わせてしまった戦争。
 キョウチクトウとプルメリアは同じキョウチクトウ科で仲間です。今日もプルメリアは穏やかな香りを振りまいて平和を願ってくれているでしょうか。



最後まで読んでくださってありがとうございました。
fc2ブログランキングランキングに参加しています。いちごちゃんやみかんちゃんをクリックして応援お願いします。にほんブログ村 演劇ブログ フラダンスへ

Comment

こんにちは。 

私は長崎在住です。たった今黙祷を行ったところです。
私の父も被爆者です。同じく小さい時からこの日は登校日で悲惨な話や
平和についての教育がなされていましたね。
現在の長崎の学校は登校日で同じように平和教育が行われています。
でも長崎広島だけなのでしょうね。
年々被爆体験者が減って行き、それこそ昔話になって行くのでしょう。
決して忘れては行けないし、二度と繰り返されては行けない事ですね。

長崎の方だったのですね。益々親近感がわきました。
また訪問させて頂きます。。。
  • posted by お米パン 
  • URL 
  • 2011.08/09 11:24分 
  • [Edit]

自責 

原爆、被爆も教科書的知識で育ってきた世代です。
日本が平和ボケしているから、今回のような、原発事故がおきてしまったのではと思ってしまいます(自責の念もこめて)。
e-466
  • posted by Misa 
  • URL 
  • 2011.08/09 18:58分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

たすじゅう

Author:たすじゅう
東京都多摩地区在住。浅田次郎の「日輪の遺産」の舞台となった山を眺めながらフラを勉強中のフォーティー母さん。本当に金塊があるのか?
 ブログの目標は長く続けること!

当ブログの記事および写真を転記・ご紹介くださる場合はご一報をお願いいたします。

あなたのクリックが明日へのパワーに

ありがとうございます
とっても嬉しいです!

FC2カウンター

ハワイ語辞典

ハワイ語辞書"

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

右サイドメニュー

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QRコード

FC2ブックマーク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。