たすじゅうのフラノート

フラに関する覚え書き 曲の背景や説明、レッスン風景  時々脱線

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私たちは文字?

 おかしな夢を見ました。

 舞台の上で紙に書かれた文字がフラを踊っています。ディズニーアニメの「不思議の国のアリス」に出てくるトランプ達が踊っているような光景です。1枚の紙に文字1つ。たくさんの文字が踊っています。私はその中の1枚の様でした。



 目が覚めて、ボーっとしながら考えた事。

「私たちは文字なのかもしれない。」



 寝る前に(というより数日間) ある方から頂いたコメントを何度も反芻していました。その一部がこちら↓

踊る事=説明だと思っていただけるといいのではないでしょうか?

フラは書く言葉が無い時代からのハワイアンの伝授・伝承の手法ということを知って頂けると「伝えたい」「残したい」と言う思いを感じていただけると思います。



 私は踊る時には歌を通訳するつもりで踊りたいと書いたことがありました。だからこのコメントを頂いて、私の考えはこのままで良いということなのか、少し違うということなのか と考えていたのです。(結局寝ちゃいましたけど)




 文字の形(字体)には色々なものがあります。漢字だけでも明朝体、ゴシック体、草書体、行書体。アルファベットにもローマ字体、イタリック体など。カリグラフィーや書道の世界ではさらに装飾された美しい文字が沢山あります。中国 明の時代に作られ今でも使用されている明朝体があるかと思えば、今ではほとんど使われなくなってしまった字体もあります。25年くらい前に爆発的に流行った「変体少女文字」のように彗星のごとく現れ消えていった字体やそのまま根付いた字体もあると思います。



 夢に出てきた様々な字体。それぞれが同じ言葉を伝えるために異なった手法を用いています。でもどれも達筆できれいに書かれていました。
 フラにも様々な系統、ハラウがあります。古いもの、新しいもの、堅実なもの、装飾に優れたもの。でも「伝える」という目的は同じ。自分が学んだ手法に従って 大切に、間違いのないように、丁寧に伝える。そういうことなのかしら?と。



 こうした方が格好が良いからと言って、文字を作り変えたりはしませんよね。例えば「本」より「本♪」にした方が可愛いから、今度から「ほん」という意味には「本♪」を使おう! としても誰にも伝わりません。「本」の横棒はカッコ悪いからなくしてしまおう なんてことになったら「木」になってしまって全然違う意味になってしまいます。


 あっちの字体の方が格好が良いからと言って、ところどころにそれを混ぜ込んだりもしません。例えば行書体と楷書体がぐちゃぐちゃに混ざっていたら読みにくいですよね。


 書道を勉強してくれている外国人が「コノホウガイイヨネー」と次々と漢字を変化させていったり、新しい字体を作り出していったら。「あら、その字体素敵ねー。」というものもあるかもしれません。でも実際の生活で使いもしない(実際に使っている人が他に居るのに)文字を無責任に変えてしまうのはやっぱり失礼なことですよね。


 踊り手は文字。字体はハラウ毎に伝わる手法。フラはハワイアンのもの。そういう夢だったのかなぁ。


 なんだかまだ混とんとしていますが、

最後まで読んでくださってありがとうございました。
fc2ブログランキングランキングに参加しています。いちごちゃんやみかんちゃんをクリックして応援お願いします。にほんブログ村 演劇ブログ フラダンスへ

Comment

イメージが湧きました。 

とってもイメージしやすいです。

>こうした方が格好が良いからと言って、
>文字を作り変えたりはしませんよね。

ほんとですね。ゴシック、明朝、行書・・いろんな文字が混ざっていては読みにくいし、見た目もよくない。
またまた「なるほどーーー」と素直に感じてしまいました。

ありがとうございます。
  • posted by ももえ 
  • URL 
  • 2011.08/14 08:01分 
  • [Edit]

Re: イメージが湧きました。 

起きぬけで、まだ頭がぼーっとしている中、忘れない様にと書いてしまいましたが、なんだかよくわからないかな?と思っていたので、ももえさんにイメージが湧きましたと言っていただけると嬉しいです。
  • posted by たすじゅう 
  • URL 
  • 2011.08/14 08:42分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

たすじゅう

Author:たすじゅう
東京都多摩地区在住。浅田次郎の「日輪の遺産」の舞台となった山を眺めながらフラを勉強中のフォーティー母さん。本当に金塊があるのか?
 ブログの目標は長く続けること!

当ブログの記事および写真を転記・ご紹介くださる場合はご一報をお願いいたします。

あなたのクリックが明日へのパワーに

ありがとうございます
とっても嬉しいです!

FC2カウンター

ハワイ語辞典

ハワイ語辞書"

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

右サイドメニュー

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QRコード

FC2ブックマーク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。