たすじゅうのフラノート

フラに関する覚え書き 曲の背景や説明、レッスン風景  時々脱線

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ka Lehua Punono

しっとりと霧に湿った森、マウケレ(=レインフォレスト)
maukele_20120124091918.jpg

その森の中にある大きなオヒア(木)
オヒアに咲く花・レフアも雨露に濡れしっとりと柔らかい。
lehuamaukele.jpg

美しく輝くレフア。
レフアの蜜をもとめてイイヴィ鳥達が飛び回り満開の花の蜜を吸う。
iiwilehua.jpg

イイヴィとレフアの色は同じなのね。レフアの蜜を吸うから赤い色になったなんていうお話があるみたいだけれど、日本にも似たような童謡があったな。


森の中を心地よい風が吹き抜け、露がレフアの細い花弁からこぼれおちる。
蜜吸いに飽きたイイヴィはレフアの木で休む。


曲のざっとしたイメージはこんなところだろうか。
 森の中で真っ赤な花が咲き誇り、その周りを同じく真っ赤な鳥が飛びまわっている美しい光景。ハワイの自然の美しさを歌った歌。
 一方で歌詞をじっくりと見るとレフア(花)もイイヴィ(鳥)も単数形で扱われている。ということは花と鳥を一組の男女に見立てた恋の歌として扱うこともできる。再び歌詞を吟味すると言葉の一つ一つが意味深に思えてくる。「キャー、エッチイ」なんて言う年でもないのだから、この美しいメロディに乗せて愛の喜びをしっとり しっとり 踊りたい。


歌詞に出てくるlihauという雨。ハワイ語では日本語以上に「雨」を表す言葉が多くあるのだが、このlihauは涼しく湿った柔らかい霧雨。歌には関係ないが漁師に幸運をもたらす雨だという。

この雨がレフアに降りかかっているのだけれど、レフアに降る雨として有名なのはハワイ島・ヒロのkanilehuaという雨。こちらはレフアの花にパラパラと音を立てて降り注ぐ雨。
旅行先で雨に降られるとがっかりするものだが、ハワイに行ったときは別。色々な雨を体感してみたい。


hopoeという言葉も出てくる。

 ホーポエというと火の女神ペレの妹ヒイアカの友人でヒイアカにフラを教えた少女が思い出される。ハワイ島・プナの森でオヒア・レフアの木を守って暮らしていたのだが、ペレによってホーポエは石にかえられ、大切な森は焼きつくされてしまう。

 ホーポエとレフアは友達。この歌にホーポエの名が出ていても少しもおかしくない。このあとpua(花)という単語が来ているので ホーポエの花となる。ホーポエの花=レフア。
 でも私が持っている歌詞表では一文字目のhが大文字では無いので人名ではないのかな?ともう少し調べると、hopoe= 完熟のとある。満開のレフアの花。 
どっちなんだろう? どっちもなのかな?

punalava.jpg
ペレによって焼きつくされたプナ

島の代表花でもあるレフアを歌った歌でもあるし、hopoeという単語もでてくるしハワイ島の歌なのかな?どうかな?

素晴らしい曲なのですが、シェアできる音源を見つける事ができませんでした。すっごく残念。amazonで試聴が出来ますので是非。http://www.amazon.co.jp/Ka-Lehua-Punono/dp/B003HUCRJW/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1327367292&sr=8-1


拝借画像のURL
http://www.flickr.com/photos/jongela/4361526041/
http://www.flickr.com/photos/kanalu/3190007388/
http://www.flickr.com/photos/missrogue/943038327/

最後まで読んでくださってありがとうございました。
fc2ブログランキングランキングに参加しています。いちごちゃんやみかんちゃんをクリックして応援お願いします。にほんブログ村 演劇ブログ フラダンスへ

Comment

NoTitle 

Ka hopoe pua で満開の花ですね。
レフアと小鳥は擬人化して解釈するのがハワイ民謡の常。
などと偉そうな言い方をしました。ごめんなさい。
マハロママの持っている本に書いてありました。

そういえばインドの映画ではやたらに踊る場面が出てきますが、やはり男女のアレを踊りで表現しているのだそうですが、
似ていますね。
  • posted by マハロパパ 
  • URL 
  • 2012.01/29 09:01分 
  • [Edit]

Re: マハロパパさんへ 

hopoeの訳、ありがとうございました。疑問がとけてすっきりしました。ママさんが持っているような本を一冊持っていると良さそうですね。

インドの踊りかぁ、マツケンの新曲くらいしか見たことがないなぁ。youtubeで検索してみよーッと。
  • posted by たすじゅう 
  • URL 
  • 2012.01/29 09:50分 
  • [Edit]

NoTitle 

私はカヒコをやってないので、詳しいこうゆう話が聞けると
本当に嬉しくなっちゃいます。
このたすじゅうさんのフラのページは、私全部書き留めないといけません。
(コピーってできないんですよね。規制がかかっているみたいで・・)
lihauの優しい雨 浴びてみたいです。
ハワイ語では、雨も優しかったり激しかったり、(風もそうですよね。)
たすじゅうさん 今回のような話 大好きなんで目がハートマークに今なってます。
画像のURLもありがとうございました。
                           (謝謝mahalo)

  • posted by hulamamayuriko 
  • URL 
  • 2012.01/29 11:05分 
  • [Edit]

Re: yurikoさんへ 

すいません、説明不足でしたね。Ka lehua Punonoはアウアナです。作者は定かではありませんが マカハ・サンズの再来か?!と言われた ’Ale'aというバンドからリリースされています。アルバムではゲストでケアリィが参加しているようですよ。

踊りはクム・マイケル・デ・ラ・クルーズの振り付けですっごく複雑。覚えるとか言う前にどうやったらああいう動きになるんだか???な部分ばっかり。

コピー、制限かかってます?そんなつもりなかったので気がつきませんでした。あとで調べて直しておきますね。教えてくれてありがとうございます。
  • posted by たすじゅう 
  • URL 
  • 2012.01/30 06:20分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

たすじゅう

Author:たすじゅう
東京都多摩地区在住。浅田次郎の「日輪の遺産」の舞台となった山を眺めながらフラを勉強中のフォーティー母さん。本当に金塊があるのか?
 ブログの目標は長く続けること!

当ブログの記事および写真を転記・ご紹介くださる場合はご一報をお願いいたします。

あなたのクリックが明日へのパワーに

ありがとうございます
とっても嬉しいです!

FC2カウンター

ハワイ語辞典

ハワイ語辞書"

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

右サイドメニュー

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QRコード

FC2ブックマーク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。