たすじゅうのフラノート

フラに関する覚え書き 曲の背景や説明、レッスン風景  時々脱線

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

振り付けのメモ

私たちのハラウではノートを持参して、それを書きこむ時間を取るということはしません。
自宅へ帰ってから覚書として作っている人はいると思いますが、基本的にはその必要がないのです。


先生がくださるワーズ(歌詞の表)に先生が書いたメモがついているから。

先生の覚書をシェアしているのです。


「生徒を甘やかしてるね。」

と言われた事があります。

そうかもしれません。でも、あちらこちらに散らばった複数のクラスで踊りを揃えるためには同じ覚書を持っていた方が良いとも思います。先生がみんなに向けて言ったことも一人ひとり捉え方が違うこともありますし、思い違い・見間違いも出てくると思うから。


だから、私はフラノートを持っていないし、あまり書いたことがありません。(言い訳か!)
書くとしたら先生のメモに注意事項や気づいたことを書き足していくくらいです。


この間、フラシス(一緒にフラを習っている人の事)がフラノートを持ってきていました。興味津津で見せてもらいました。彼女は入ったばかりなのに振りを覚えるのがすごく早い。きっとフラノートに書く事で頭が整理されているのかもしれません。ナルホド。先生も彼女の熱意に感心していました。

そういえば ずっと前にインストラクターさんに たとえ先生のメモを使うにしても一度は自分で書き直しなさいって言われた事があったけ。


でも一言。
彼女のノートは4拍づつマス目に区切ってあって、そこに絵を書くようになっていたのですが、先生は「この縦の線は使わないでね。4拍づつ区切って考えると どうしても体操みたいな踊りになってしまうの。フラは全てが流れるように繋がっていないといけないから。」

ふーん、ナルホド。


そして最近気が付いた事。

今までは追加で細かい振り付けをメモする時に 簡単な絵で表していたのですが、後から見るとものすごく曖昧だという事。絵だと 一目見てなんとなく形がつかめるので 便利で分かりやすく感じるのですが 微妙な方向など細かい部分が抜けてしまいやすいのです。読むのも書くのも大変でも文章でしっかり書いた方が曖昧な部分が減り、後から役に立つようです。

あくまで 私の場合です。
先生のメモに頼ってばかりの ぐうたらな私の場合です。



最後まで読んでくださってありがとうございました。
fc2ブログランキングランキングに参加しています。いちごちゃんやみかんちゃんをクリックして応援お願いします。にほんブログ村 演劇ブログ フラダンスへ

Comment

不思議なもので・・ 

私達はレッスン中にノートを書かせてもらう時間を頂きますが、人それぞれでとっても面白いです。
絵だけの人、字と絵の人、字で全てを説明する人・・。みんな自分の分かりやすいノートをとっています。

だから、人から借りたノートは・・正直あんまり分からないんです~(笑)!
  • posted by ももえ 
  • URL 
  • 2012.06/07 09:11分 
  • [Edit]

Re: ももえさんへ 

本当にフラのノートは暗号ですね。自分だけに分かればよいからそれで充分。これだけ千差万別ということは、人の考え方や捉え方、表現の仕方が千差万別ということ。色々な人間がいることをノートからも実感出来ちゃいます。
  • posted by たすじゅう 
  • URL 
  • 2012.06/07 15:47分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

たすじゅう

Author:たすじゅう
東京都多摩地区在住。浅田次郎の「日輪の遺産」の舞台となった山を眺めながらフラを勉強中のフォーティー母さん。本当に金塊があるのか?
 ブログの目標は長く続けること!

当ブログの記事および写真を転記・ご紹介くださる場合はご一報をお願いいたします。

あなたのクリックが明日へのパワーに

ありがとうございます
とっても嬉しいです!

FC2カウンター

ハワイ語辞典

ハワイ語辞書"

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

右サイドメニュー

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QRコード

FC2ブックマーク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。