たすじゅうのフラノート

フラに関する覚え書き 曲の背景や説明、レッスン風景  時々脱線

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

盆踊りとフラ

子供の頃、お盆の時にはきゅうりとなすびにお箸を刺して馬と牛を作り、門の前に並べました。

きゅうりの馬は家に向かって首を向け、牛は外に向かって首を向けて置きます。(どうやら逆の地方もあるようです)

何故?と祖父に尋ねると「お盆には祖先のみんなが帰ってくるんだ。少しでも早く家につけるように行きの馬を用意して、なるべくゆっくり帰れるように帰りの牛を用意するんだよ。」と。そして「ご先祖様が迷子にならない様に。」といって迎え火を炊くのでした。

この迎え火から 祖先の霊を慰める祭りが始まるのだそうです。家族・親戚が一つ所に集まり、飲食を共にし、歌い、踊る。年に一回、私たちを支えてくれている霊をもてなすのです。


以前「フラって盆踊りと似てるね。」と言って嫌な顔をされた事がありましたが、やはり似ている面があると思ってしまいます。盆踊りは子供から大人まで誰もが踊れ、ぐるぐる回って何度も踊っているうちに一体感が生まれてくる、生きているものと霊の繋がりを感じる不思議な神聖な でもとても身近な踊りだと思います。

普段、フラ フラ と踊ってばかりいる私ですが、今一度お盆を通じて 踊る心を再確認してみたいと思います。


最後まで読んでくださってありがとうございました。
fc2ブログランキングランキングに参加しています。いちごちゃんやみかんちゃんをクリックして応援お願いします。にほんブログ村 演劇ブログ フラダンスへ

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

たすじゅう

Author:たすじゅう
東京都多摩地区在住。浅田次郎の「日輪の遺産」の舞台となった山を眺めながらフラを勉強中のフォーティー母さん。本当に金塊があるのか?
 ブログの目標は長く続けること!

当ブログの記事および写真を転記・ご紹介くださる場合はご一報をお願いいたします。

あなたのクリックが明日へのパワーに

ありがとうございます
とっても嬉しいです!

FC2カウンター

ハワイ語辞典

ハワイ語辞書"

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

右サイドメニュー

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QRコード

FC2ブックマーク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。