たすじゅうのフラノート

フラに関する覚え書き 曲の背景や説明、レッスン風景  時々脱線

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ステージを作る

大分前のことになりますが、夏休みに次女の中学校でコンサートがありました。

PTA主催で 出演者は 生徒・先生の有志 で毎年行われるものです。

私はそのコンサートの企画委員でした。

有志参加者の募集からはじまり、演目の順番の決定、各団体の練習スケジュール(学校で練習するので日にち・場所が限られるのです)の調整、リハーサル、音響や照明、大道具 など 委員が全て取り仕切ります。

今年は和太鼓・シャンソン・演劇・落語・アコースティックバンド・エレキバンド・Jazz&Hiphopダンス など多彩な取り合わせでした。

観客が飽きない様に そして 大道具の出し入れがスムーズになるように 出演順を決めるのは中々大変でした。

照明も出演者のこだわり(イメージ)があって、でも中学生ですから 言葉で伝えるのが中々難しかったりして。

音響は素人にはまったく分からなくて、マイク一つもいじってはいけなかったり。

リハーサルは本番さながら。大道具の出し入れも全て本番通り行って、リハーサルは出演者はもちろん、裏方の為にもきっちりするべきなのだと思い知ったり。


中学生の夏休みの思い出に・・・というレベルではありませんでした。みんなすごいんです。

だからお母さん達、裏方もそれに応えようと一生懸命。

一生懸命が伝線したのか、あまりやる気のなさそうだった子供達にもいつのまにか熱が入り。

最後は笑顔・笑顔 のコンサートになりました。

いつもは出演者の側ですが、初めて裏方を体験して どんなに小さな舞台でも 裏方があってのものなのだと実感しました。

このことを忘れずにいたいと思います。


最後まで読んでくださってありがとうございました。
fc2ブログランキングランキングに参加しています。いちごちゃんやみかんちゃんをクリックして応援お願いします。にほんブログ村 演劇ブログ フラダンスへ

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

たすじゅう

Author:たすじゅう
東京都多摩地区在住。浅田次郎の「日輪の遺産」の舞台となった山を眺めながらフラを勉強中のフォーティー母さん。本当に金塊があるのか?
 ブログの目標は長く続けること!

当ブログの記事および写真を転記・ご紹介くださる場合はご一報をお願いいたします。

あなたのクリックが明日へのパワーに

ありがとうございます
とっても嬉しいです!

FC2カウンター

ハワイ語辞典

ハワイ語辞書"

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

右サイドメニュー

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QRコード

FC2ブックマーク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。