たすじゅうのフラノート

フラに関する覚え書き 曲の背景や説明、レッスン風景  時々脱線

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魚のおろし方のコツ!

しめさばの記事を読んでくださったyukomaruさんから、魚をおろすコツについての質問をいただきました。
yukomaruさん、ありがとう。さっそくコツをご紹介。

魚のおろし方のコツ!
練習にちょうどよい大きさのサバでご紹介。




[材料]
魚  1尾
まな板  1枚
よく研いだ包丁  1本
キッチンペーパー  数枚
ボール  大きいもの1つ




[作り方]

1.頭を落として腹側を切り開く。

 胸ビレの付け根に包丁を入れたら、骨に当たるまで切り下ろし、裏返して同様にして頭を落とす。
 次に魚を腹を右にして縦に置き、頭側から肛門の穴まで腹を切り開き、わたを刃先で出す。 

 


2. 腹の中をやさしく水洗いする。


腹の中の汚れをしっかり落とすために水洗いする。
流水だと身が崩れやすいので、水を張ったボールの中で優しく洗い、骨の周りの汚れまで落とします。




3. ここが肝心!水気をよく拭き取って。


水で洗ったあと、キッチンペーパーで腹の中まで水気をよく拭き取っておくことがポイント。このひと手間で生臭さ解消です。




4. 背中側をきって、2枚におろす。

今度は尾を上、背中を右にして、尾の近くに浅く切れ目をいれ、切れ目に包丁入れ、上方向に滑らせ身を尾を切り離す。次に刃の向きを下方向にかえて、2~3回に分けて中骨まで包丁を入れる。そこから中骨に沿って上身を切り離す。一気にやろうすると身が崩れてしまうので、少しずつ進んで。包丁の動きは大きく、手前に引くような感じで一方向に。刃を往復させると身が崩れます。




5.裏返しにして、3枚におろす。


裏返して、4と同様にして中骨から身を切り離す。なるべく骨のすぐ上に、包丁を斜めに入れて、骨が包丁にあたるゴツゴツという音と手の感触を感じながら進むとうまくいきます。




6.できあがり


たとえ骨に身がびっしりついてしまっても、それはそれで使い道あり。明日は、骨についた身で作る、薬味いためのレタス巻きをご紹介しましょう。


注:右に腹とか背というのは右利き用です。左利きの方は反対にしてくださいね。





   最後まで読んでくださってありがとうございました。動画のほうが分かりやすいかな?今度チャレンジしてみます。
気に入ってくださった方、クリックお願いします。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

たすじゅう

Author:たすじゅう
東京都多摩地区在住。浅田次郎の「日輪の遺産」の舞台となった山を眺めながらフラを勉強中のフォーティー母さん。本当に金塊があるのか?
 ブログの目標は長く続けること!

当ブログの記事および写真を転記・ご紹介くださる場合はご一報をお願いいたします。

あなたのクリックが明日へのパワーに

ありがとうございます
とっても嬉しいです!

FC2カウンター

ハワイ語辞典

ハワイ語辞書"

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

右サイドメニュー

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QRコード

FC2ブックマーク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。