たすじゅうのフラノート

フラに関する覚え書き 曲の背景や説明、レッスン風景  時々脱線

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かますごはん

今日は久しぶりに美容院に行ってきました。電車に乗ったり、雑誌を読んだり「社会」に触れてきました。大げさな っていわれてしまいそうですが、普段は徒歩5分のスーパーと同じく徒歩5分の小学校にしかいかない小さな世界の住人のわたしには、滞った体の中に風がふいたような気分になりました。


そんな私が15年ぶりに再就職をしようと、明日はパートの面接 初体験です。今からドキドキ どうなることやら。


今日はかますごはんです。

かますごはん
独特の香り
kamasumeshi.jpg



[材料(4人分)]
かます  1尾
塩  小さじ1
米  2合
酒  大さじ1



[作り方]
1. 米は分量の水ー大さじ1+酒大さじ1にひたしておく。
2. かますは塩をふり30分以上置く。
3. かますのうろこをとる。

point
  うろこを取る場合は、大きめのビニール袋に頭を下に魚を入れて、その中で取るようにするとうろこが飛び散りにくいです。うろことりがない場合は、包丁の背か大根、にんじんなどの固い野菜のへたでしっぽから頭にむかってこそげおとすようにします。包丁よりも野菜のほうが余計な力がかからず、上手にできます。捨てるとこ利用で◎。


4. かますをご飯の上にのせ、普通に炊く。
5. 炊きあがったら、身をほぐし、骨をとる。


もっと丁寧に
  もっと丁寧に、おいしくしたい場合は、かますを一度焼いてから御飯と一緒に炊くと香ばしさが増します。
 


・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
かますは白身の魚で、水分が大変多く、身が柔らかいため、下処理がちょっと難しい。ので、今回はうろこを取るだけで下処理を簡単にしました。内臓に独特の香りがあるので、今回は内臓も一緒に炊き込みました。苦手な方は身をほぐす時に取り除けば大丈夫。


夏のカマスはさっぱりとした味、秋~冬にかけては脂がのってコクのある味になります。カルシウムが豊富な魚ですので、カルシウムの吸収を助けるアルギニンを含むきゅうりの漬物に アルギニンの吸収を助ける ビタミンB6をふくむゴマを振りかけて 一緒に召し上がれ。
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・


  最後まで読んでくださってありがとうございました。
fc2ブログランキング気に入ってくださった方、応援お願いします。レシピブログランキング

  

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

たすじゅう

Author:たすじゅう
東京都多摩地区在住。浅田次郎の「日輪の遺産」の舞台となった山を眺めながらフラを勉強中のフォーティー母さん。本当に金塊があるのか?
 ブログの目標は長く続けること!

当ブログの記事および写真を転記・ご紹介くださる場合はご一報をお願いいたします。

あなたのクリックが明日へのパワーに

ありがとうございます
とっても嬉しいです!

FC2カウンター

ハワイ語辞典

ハワイ語辞書"

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

右サイドメニュー

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QRコード

FC2ブックマーク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。